サーフィンを上達する時にぶち当たる中級者の壁

中級者のためのサーフィンの上達

アップスでかっ飛んで行くことはできる。スピードがでるのでなんとなくボトムターンやトップターンはできる。だけれども動画を撮影してみると、思っている以上にターンは浅く緩やかだ。そんな悩みを私はずっと持っていました。いったいどうやったら切れのあるボトムターンやトップターンができるのだろうかと常々思っていました。

もっとスピードを出せばと思い、上手い人も雑誌でもスピードがとても大事だと書いてある。だからやろうと頑張った結果、さらにスピードはあがりましたが、あいかわらずターン弧は浅く、トップでいつも背中側に転んでいました。

で、このあと紆余曲折あり最終的にはボトムターンとトップターンができるようになったのですが、それはある気づきが、きっかけでした。その気付きとは

前足に乗り過ぎのサーフィン

前足に乗りすぎていました。

スピードを出すには前足に荷重する必要があります。本を読んでも、後ろ足に乗り過ぎたら失速するぞと書いてある。タジ・バロウも、前足に力をかけすぎて、前足の部分で板が折れると言っている。もっとスピードをというのもあって、結局私は前足に乗りすぎるサーファーになっていました。

当然ですが、プロや上級者はきっちり前足に乗ります。前足に乗らないと加速しませんからね、必ずのります。ところが彼らは、しっかりと後ろ足にも乗るのです。サーフィンは前後左右に激しく荷重を移動してターンをおこなうスポーツです。そうなのです、ターンする時は必ず後ろ足に乗らないといけないのです。

サーフィンは前足だと思いこんでいたから、後ろ足に乗ることを完全に忘れていました。その結果スピードはあるがターンができない中級者になっていたのです。

前足にのっては駄目なのではありません。むしろ、前足にも積極的に乗る必要があります。ところが、前足に乗りすぎて、そこにいついてしまってはだめです。ターンは後ろ足荷重で行います。前足に乗りすぎているということは、ターンをしていないということです。

ですので後ろ足にも積極的にのりましょう。これがなかなか難しいのですが、そのあたりの話をこのブログでは書いていきたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。

なお、私はサーフィンのプロでも、コーチでも、インストラクターでもありません。ただの分析が三度の飯よりすきな経営コンサルタントです。マーケティングやセールスを分析するのと同じように、サーフィンを分析しています。上手い人がやっているのに、下手な人が何故しないのか、何故できないのかなぞについて書いていきたいと思いますのでよろしくおねがいします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク