サーフィンのテイクオフには2種類あると考えています

テイクオフには2種類あると我々は考えています

「飛び乗るテイクオフ」と「歩くテイクオフです」

飛び乗るテイクオフ

飛び乗るテイクオフは文字通り飛び乗ります。パドルして板が滑り出したらいよいよ板の上に立ちますが、飛び乗りがたは、腕立て伏せの要領で板を押し両足を一気に胸に引きつけ前後に開いて板の上に乗せます。一般的なテイクオフの解説書にのっているやつです。波の上にすばやく立てるのが利点です

歩くテイクオフ

もう一方は歩くテイクオフです。両足を一度に乗せるのではなく、歩くように、後ろ足→前足の順に乗せていきます。後ろ足を踏んだり引きつけたりするサーフィンスタイルであるバックフットサーフィンには歩くのがいいのではないかと思っています。

板が滑り出します。両腕を伸ばして上体を起こします。それと同時に後ろ足を曲げ、まず後ろ足をデッキパッチの上におきます。抱え込んで曲がり切った後ろ足は、板に置いた瞬間に踏み伸ばそうと始めます。それにより板のノーズが上がってきますので、それをあげないように、前足を乗せます。前足により上がるのを抑えられた板は再びノーズを下げ下に向かって滑り始めます。

その時は後ろ足は再び曲げた状態になります

バックフットサーフィンは、後ろ足を踏んだり、伸ばしたりを交互に繰り返して波を滑ります。足を交互に使うイメージがある歩くテイクオフのほうが相性がいいので、それをおすすめしています。

もちろん、どちらのテイクオフでもかまいませんが、自分のはどちらかと知っているだけで大変重宝します。

会議室で学ぶサーフィンというのはひいては机上で習う理論のことですが、自分がやっていることを言語化し、理論化できると、調子が悪くなったときの調整がしやすいです。余談ですが、北島康介選手が平泳ぎのスタート時において、飛び込み台から飛び込んで、水中でひとかき、ひと蹴りする間に、その方法を理屈にすればノート2冊くらいになるそうです。

友達で水泳のコーチをしている先生は、言語化できている生徒は強いと言ってました。もちろん、それが全てではありませんが、理論と実践を交互に行き来し腕を磨いていくことが上達の秘訣ではないかなという気がします。

とはいえ、理屈にするとか、理論化するとかいうのは、超めんどくさいし、時間がかかります。そのあたりに関しては、サーフィンオタクの分析好きな私におまかせください。できるかぎり丁寧にこの場で提供していきます。みなさまにおかれましては、ぜひ実践しながらお使いください。

後ろ足を引きつけると荷重は前に移行する

テイクオフで後ろ足をひきつけると、荷重は前に移行します。加速しやすくなります。

こちらの動画をご覧ください

シーソーの真ん中にのって、後ろ足をひきつけると、その瞬間、前に荷重が移動して前がさがります。これすなわち前足に荷重した状態で、加速します。テイクオフ直後はこうなっているのです。

飛び乗るテイクオフだといきなりこの態勢になりますが、歩く方は、この間に、後ろ足を一回踏んでがはいります。歩くテイクオフのほうが、一工程多く損をした感じがしますが、実はこのひと踏みが役に立つときがあります。

速い波のとき、テイクオフしてすぐに横に走りたいとき、1回目の踏みのばしで、レールを入れターンをする感じで進むことができるのです。両足で飛び乗るよりこの場合は速いです。

一長一短あるテイクオフ。さあ、あなたはどちらを選びますか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。